読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともかつの日記

仕事や日常で扱った PIC などのマイコンや Raspberry Pi、パソコンについて書き残していきます。

geanee CP-D403 が修理に旅立つ (1)

Android CP-D403 スマホ

Amazon で安価で販売されていた geanee CP-D403 ですが、「0SIM by so-net」を使って息子用の安価なスマホとして利用していたのですが... 起動しなくなりました。(>_<)

 

 現象としては、

  1.  11月頃から無応答になる現象が頻発しだす。電源ボタンを長押しして再起動することで回復するので、何とか使用を継続する。
  2.  前項 1. をくり返しているうちに、電源ボタンを長押ししても再起動できない現象が発生。キー操作で解決できなかったため、バッテリーを取り外し、強制的に電源OFFにすることで、再起動させる。 →しかし、現象は改善しない。
  3.  バッテリーを取り外すことによる再起動をくり返していると、たまに起動することがあるものの、しばらくするとまた無応答になってしまう。
  4.  本体左側面の「音量大」ボタンを押しながら起動すると、写真のようにメニューが表示される。このメニューで「wipe data/factory reset」や「wipe chahe partition」を実行してから、再起動したものの、現象は改善しない。 ※表示されているメニュー項目の文言から判断するに、諸々のデータをリセットして工場出荷時に戻っているはずだが、それでも現象が改善されないということは、かなり致命的なのか?

    f:id:VEJ00675:20161202221239j:plain

  5.   ユーザーが対処できるレベルではないと判断して、ユーザーサポートに連絡する。

    →メールのやりとりで対処できる内容ではないため、現象など、必要事項をまとめて、メーカーに送付してほしいとのこと。 

ということで、geanee CP-D403 は修理に旅立っていきました。戻ってくるときには、ファームウェアも新しくなって戻ってきてくれるといいのですが...