ともかつの日記

仕事や日常で扱った PIC などのマイコンや Raspberry Pi、パソコンについて書き残していきます。

Google Chrome と RICHO IPSiO SP 6310 の組み合わせで印刷できない

職場で Google Chrome で表示しているページを印刷しようとしたところ、「プリンターが利用できないか、正しくインストールされていません」と表示され、印刷できない状況に陥りました。(>_<)

いろいろ調べてみたところ、

  • 現象が発生しているのは Windows 10 Pro 64bit版で、RICHO RICHO IPSiO SP 6310 のドライバーは最新版の「RPCSドライバー Ver.9.03」であった。
  • Google Chrome から RICHO RICHO IPSiO SP 6310 に対しての印刷ができないが、他のプリンタへは印刷できる。いくつも確認したわけではないが、とりあえず EPSON LP-S7000 には印刷できた。
  • 「Ctrl」+「P」や右クリックして「印刷(P)...」といった操作では印刷できないが、「Ctrl」+「Shift」+「P」で直接システムダイアログを表示して印刷する分には印刷可能。
  • 他のアプリケーションでは問題なく印刷できる。
  • Google Chrome のバージョンは、最新版の Ver 59.0.3071.86。このバージョンにアップデートすると、現象が他のパソコンでも発生した。

という感じ。

 どうにも不便なので、さらに調べてみると... 以下のページで有力と思われる情報を見つけた。

productforums.google.com

どうやら、アップデートされた Google Chrome の RICHO のドライバーの相性が悪いみたいで、過去にも同様の現象が発生していたようだ。とりあえず、Google Chrome 側に不具合のきっかけがあったようなので、何かしら更新されるのを待つしかないのかもしれません。

いろいろ試行錯誤したものの、職場のネットワークから RICHO のホームページにうまくアクセスできず、いろいろと手間取り、すっきりとした解決には至らないまま、今日の仕事は終了しました。RICHO RICHO IPSiO SP 6310 のドライバーを「RPCS V4 Generic ドライバー Ver.1.4.0.0」に更新すると解決したという書き込みも見つけたので、明日はその辺りも試してみようと思います。