ともかつの日記

仕事や日常で扱った PIC などのマイコンや Raspberry Pi、パソコンについて書き残していきます。

Fusion PCB は 100%の品質保証

下は、Fusion PCB に注文して、昨日納品された基板です。よく見てもらうとわかりますが、シルク印刷されている内容が Top / Bottom 逆になっています...

f:id:VEJ00675:20170626201309j:plain

 せいぜい 2列の部品しかないので、割り切ってこのまま使えないでもないのですが、

  • 確認するとシルク印刷だけでなく、パターン、レジストも含めて Top と Bottom が逆になっている。
  • 注文時にアップロードしたファイルを再確認し、ガーバービュワーで確認してみたが、下のように意図した通りに表示されている。

    f:id:VEJ00675:20170617210420p:plain

  • 納品された基板をみると、左下の部分に「Seeed Production code」がシルク印刷されているが、これも Top と Bottom が逆になっている。

    f:id:VEJ00675:20170626201322j:plain

これらの状況を、Fusion PCB に昨夜メールで伝えたところ、今日のお昼過ぎに状況を確認して返信があった。内容としては、

  • トップページにも書かれているように、「100%品質保証」を謳っており、今回のようなミスが発生した場合にはやり直しサービスを提供する。
    f:id:VEJ00675:20170627204235p:plain
  • 今回の場合、やり直しサービスを行うために、USD $30 のクーポンが提供された。確認したところ、送料も含めて割り引かれるので、無料で再注文できることになる。

    f:id:VEJ00675:20170627205016p:plain

という感じ。まぁ、このようなミスが発生して、やり直しサービスが発生すると、基板が手元に届くのに更に期間がかかってしまいます。しかしながら、安価なサービスではあるものの、「安かろう悪かろう」ではなく、ちゃんと品質も保証してくれるのはありがたいことです。

今回の製造ミスを見つけたときには、「やらかした!」とちょっと焦ってしまいましたが、製造ミスのあった基板は、11月ぐらいに使う予定にしていた基板だったので、更に期間がかかってもまるで影響がない基板だったので助かりました。(^-^;

プリント・パターン作成ツールPCBE―電子回路を基板化しよう

プリント・パターン作成ツールPCBE―電子回路を基板化しよう