ともかつの日記

仕事や日常で扱った PIC などのマイコンや Raspberry Pi、パソコンについて書き残していきます。

グループウェアのアップデート

職場で稼働している無償で利用できるグループウェアGroupSession」のバージョンアップを行いました。Ver.4.2.4 → Ver.4.7.1 と三年半分のアップデートです。

groupsession.jp

 実はこの作業、昨年 4月に Ver.4.2.4 → Ver.4.5.4 へのバージョンアップを試みたもののうまく動作せず、作業前のバックアップに戻し、時間と労力だけを費やしてしまった過去のリベンジなのです。

うまくアップデートするための結論としては、

  • アップデート作業の前には、不慮の事故が発生しないようにデータのバックアップを取っておく。
    ※ Windows でサーバーを稼働しているのなら、別ドライブにバックアップすると、デフォルトの動作で「移動」ではなく「コピー」になるのでより安全かも?
  • 動作に必要な Apache TomcatJDK(JVM) もあわせてアップデートする。

    f:id:VEJ00675:20170717213255j:plain

    ※ 最新バージョンでは、古い JDK がサポートの対象外になっているので、アップデートするべき。
  • アップデート作業は Ver.4.2.4 → Ver.4.7.1 と一気にアップデートするのではなく、Ver.4.2.4 → Ver.4.3.1 → Ver.4.5.4 → Ver.4.6.4 → Ver.4.7.1 と段階的にアップデートする。

    f:id:VEJ00675:20170717213303j:plain

    ※バージョンアップにともなって、データベースの構造が変更になっている場合があり、バージョンアップにあわせてデータベースのコンバートを行わなければならない。このコンバート処理を、まとめて行うとうまくコンバートされないことがあるみたい。 …ということで、メジャーバージョン毎の段階的なアップデートを実施しました。

ということでした。この手順でうまくアップデートできました。 とは言え、段階的なアップデートを行うために、以下のような手順(1 ~ 9)を、それぞれのバージョン毎(①Ver.4.2.4 → Ver.4.3.1、②Ver.4.3.1 → Ver.4.5.4、③Ver.4.5.4 → Ver.4.6.4、 ④Ver.4.6.4 → Ver.4.7.1、と 4回)に行いました。実際のバージョンアップ作業は、データ量によって、3. 7. 8. あたりが時間がかかってしまうので、地味に辛いです。(^-^;

  1. Tomcat を停止させる
  2. 当該バージョンの .war をダウンロード
  3. 現在動作しているバージョンのデータベースをバックアップ
  4. 前項 2. をインストールして、Tomcat を起動して、GroupSession を起動
  5. 前項 2. のバージョンが動作していることを確認
  6. Tomcat を停止させる
  7. 前項 2. のフォルダに、前項 3. でバックアップしたデータベースをリストア
  8. データベースを、前項 2. のバージョンで動作するようにコンバート
  9. Tomcat を起動して、GroupSession を起動
  10. 前項 3. でバックアップしたデータが、前項 2. のバージョンで動作していることを確認

何はともあれ、一年越しのリベンジを果たすことができ、ちょっといい気分。(^-^)v