ともかつの日記

仕事や日常で扱った PIC などのマイコンや Raspberry Pi、パソコンについて書き残していきます。

メールの一覧を出力する (続き)

先の投稿の続きです...

 

tomokatsu.hatenablog.com

 いろいろな課題があったものの、結局は

  1. ADODB.Stream で UTF-8CSV ファイルを、扱いやすい Shift-JIS に変換して、作業ファイルとして保存。
  2. ADODB.Connection で CSV ファイルを読み込み、整形して CSV として出力。

という感じ。宛先の部分に、複数のメールアドレスが入っていた場合とか、件名などに ” や , といった面倒な文字が入っていると、うまく動作しないことがありそうですが、きれいなデータであればうまく処理できそうなスクリプトになった。

ADODB.Connection を使ったことで、CSV ファイルの行・列を解釈してくれるようになったものの、その代わりに ADODB.Connection が利用できる環境でなければならなくなった。Microsoft Access がインストールされていなくても、無償提供されているランタイムライブラリをインストールすればいいので、そんなに大きなハードルではないのだろうけど、ちょっと面倒。

半分くらい業務目的で作成したスクリプトなので、スクリプトそのものは公開しません。同様のスクリプトを作成したい場合には、上記のキーワードで検索してください。

やはり... こういった場合には、VBScript がうまく使えると、Windows 環境であればすんなり役に立ちそう。(^-^;

 

最速攻略 VBScriptサンプル大全集

最速攻略 VBScriptサンプル大全集

 

 

メールの一覧を出力する

どうしてそんなことがしたいのか、詳細については触れないけれど、届いたメールの一覧を Excel(もしくは CSV)で出力できないものか、と試行錯誤してみた。

しかしながら、少し調べてみると、いろいろな課題が見つかってきた。

  • 課題1 : Thunderbird が保存しているメールの生データは、文字コードが JIS コードとなっている。
  • 課題2 : メールヘッダ内の件名(Subject:)や差出人(From:)などに全角文字が含まれている場合には、『=?ISO-2022-JP?B?…』という感じで Base64 で符号化されている。
  • 課題3 : 生データでは、件名や差出人の途中で改行している場合がある。

 これらの課題を解決しないといけないのか... ここからが、スタート。

 

[改訂版] VBScriptポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

[改訂版] VBScriptポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

 

 

続きを読む

CATV から貸与されている Wi-Fi ルーターを更新する?

現在、わが家は CATV の光回線を利用してインターネットに接続している。レンタル料金が 100円/月だったこともあって、Wi-Fi ルーターは CATV からレンタルしている。レンタルしているのは、以下の URL のもので、2014年 8月に発売されたものなので、古い感じはするものの、USB ポートを備えていて、HDD を接続すると NAS としても利用できるようになる優れものです。

しかしながら、2017年 4月以降はファームウェアのアップデートも行われておらず、対応しているのも IEEE802.11a/b/g/n までで、11ac には対応していません。USB をサポートしていることで実現している NAS についても、数日おきにリセットしてやらなければ接続できなくなり、不満のない状態とは言い難い感じです。 

なじみにしている工事業者に確認したところ、最近は販売終了している上記の WZR-S600DHP は使っておらず、新規に設置するところには以下の製品を使っているとのこと。

この Wi-Fi ルーターに交換すると、次のような感じ。

  • 〇 より高速な規格である 11ac に対応する。
  • 〇 ビームフォーミング機能を搭載していることで、転送速度・安定性が向上する。
  • × USB ポートを備えておらず、USB-HDD を利用した NAS 機能は使えない。

単純に交換してもらうとよいことばかりでもないため、手を出しにくい... (-_-; また、CATV に交換を申し出ても、うまく説明しないとこちらの自己都合による交換となり、工賃や手数料が発生してしまうかもしれない。

いろいろと考えてみたら、次のようなことが考えられるだろう。

  1. このまま WZR-S600DHP を使い続ける。
    → 0円
  2. WSR-1166DHP3-BK を自前で用意して交換する。
    確認すると、WSR-1166DHP3-BK のネット最安値は 5,000円以下になっているので、自前で用意して交換してしまうのもいいかも? Wi-Fi ルーターを交換して、無線 LAN 環境を増強し、家庭内の NAS はあきらめる。
    → 5,000円
  3. WSR-1166DHP3-BK を自前で用意して 2台構成にする。
    前項と似ているものの、WZR-S600DHP を NAS のために残す。
    → 5,000円
  4. WSR-1166DHP3-BK を自前で用意して、NAS も別途用意する。
    わが家は、一戸建てではあるものの、中継器を用意しなければならないほどの大きさではないはず。中継することによるボトルネックを解消するためにも、専用の NAS を別途用意する。
    → ?円
  5. NAS 機能も備えた Wi-Fi ルーターを用意する
    WZR-S600DHP の直接的な後継機種はないものの、NAS 機能を備えたものは BUFFALO から今でも販売されている。お手ごろな価格なのは、WXR-1750DHP2 だろう。機能的には専用の NAS に劣るのかもしれないが、コスト的には抑えられる。
    → 10,000円

どれも一長一短な感じがする。よく考えて結論を出そう...

 

バッファロー WXR-1750DHP2 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b

バッファロー WXR-1750DHP2 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b

 

 

Internet Explorer の賞味期限はいつまで?

今月初めに Microsoft の中の人が、Internet Explorer の利用し続けることのリスクについて言及したことで、いろんなところで Internet Explorer が問題視されるようになった気がするが、とうとう国会でも取り上げられた。

news.livedoor.com

記事を読んでいて、

 MS社が最新ブラウザーの『エッジ』を推奨していることも十分注意を払っており、他方でIEのサポートも継続しており現時点で日銀ネットでの使用に支障をきたすセキュリティー上の脆弱(ぜいじゃく)性は生じていないと判断している

という日本銀行側の回答は、「まぁ、そんなもんかな」という感じ。しかしながら、

  • 現時点においては、MicrosoftInternet Explorer のサポートを継続しているので、大きな問題がないだろう。そう、現時点においては...
  •  下の記事によれば、日本国内における Windows のシェアは約 40% で、MacOS が 14%、iOS が約 30%、Android が約 13%、Linux が約 1%、その他が約 8%となっている。ブラウザベースのアプリケーションで、他のハードウエアやソフトウエアとの互換性を考慮していながら、約 40% の環境でしか動作しないものを選択するというのはいかがなもんだろう? スマートフォンタブレットでの動作は考慮しないとしても、それなりのシェアを確保している MacOS を無視してしまってもいいものなのか?

gs.statcounter.com

というあたりが気になる。(-_-;

下の記事では、Windows のバージョン毎の Internet Explorer のサポート終了時期がまとめられている。

www.atmarkit.co.jp

Microsoft Edge をサポートしておらず、Internet Explorer を使うことが当たり前の Windows 8.1 については、OS のサポートが完了する 2023年1月10日が、Internet Explorer のサポート終了日となっている。Windows 10 については、さらに先の 2025年 10月 15日となっている。Internet Explorer が完全に淘汰されるのはずいぶん先の話になりそうだが、どうなっていくんだろ?

 

Ubuntu のディスプレイ設定にはまる...

昨日の投稿に引き続き、Ubuntu ネタです。

結局のところ、インストールした Ubuntu は前任者の資料に書かれていたこともあって、「Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix」ではなく、「Ubuntu Server 18.04.2 LTS」をインストールして、

  • 日本語化
  • Ubuntu Desktop のインストール

などを行いました。基本的には、上記の設定を行うことでほぼ「… 日本語 Remix」と同じような状態になるのでしょうが、前任者の残してくれた資料にそってみました。 とは言え、前任者がインストールした Ubuntu Server のバージョンが書かれていなかったので、一つ前の LTS の 16.04 もインストールしたりもしました。結果的には、いい練習になりました。(^-^;

続きを読む

Ubuntu の Proxy 設定にはまる...

職場で Java による Web プログラミングの環境を構築しなければならず、昨日から Linux のインストールをしてました。具体的には、既存の環境が Ubuntu だったこともあり、最新版の Ubuntu 18.04 LTS をインストールしました。

昨年 4月の人事異動後は、ずいぶん Linux 系のパソコンを操作することも増えたのですが、Linux 系のサーバーをインストールしたことはあまりありません。同じ Debian 系の Raspberry Pi をインストールしたこともあるので、まったくやったことがないわけでもないのですが、得意なわけではありません。

このインストール作業で、気づいたことなどを書き連ねておきます。同じようなことに悩む人がいれば、参考にしてください。

まだまだ Ubuntu そのものがインストールできただけに過ぎないのですが、一山超えた感じです。(^-^)/ 明日は、諸々のソフトウェアをインストールしてみます。

 

 

今年度になって、Excel で覚えたこと (笑)

先の投稿でも書いているように、職場が異動になって ExcelAccessより 使うようになった。 …で、知っている人には当たり前なんだろうけど、わたし自身は今年度(最近)になって Excel について知ったことが 3つあります。

恥ずかしい話かもしれませんが、同じような人がいるかもしれないので、晒しておきます。(^-^;

続きを読む