ともかつの日記

仕事や日常で扱った PIC などのマイコンや Raspberry Pi、パソコンについて書き残していきます。

ESP-WROOM-02 と MCP3204 を使って、A/D 変換を行う

ESP-WROOM-02 にもアナログ入力端子 TOUT が備えられているものの、入力できる電圧の範囲が 0 ~ 1 [V] と特殊な感じであることと、1ch しかないことから、別のアナログコンバータを接続してみました。

f:id:VEJ00675:20180117074841j:plain 

今回使用したのは、職場の引き出しの中に眠っていた MCP3204 というものです。12bit の分解能で 4ch の A/D 変換が行えます。

akizukidenshi.com

続きを読む

ESP-WROOM-02 を使ったネットワーク時計

ESP-WROOM-02 のネットワーク機能を使ったサンプルを作ろうと考えたものの、よいアイディアがなかったので、以下の URL にあったものを拡張して、ネットワーク時計(NTPサーバーによる自動補正機能付き)を作ってみました。

f:id:VEJ00675:20180112094023j:plain

続きを読む

Fritzing が面白いかも?

以前から電子工作系のネタを探していると、下のようなブレッドボードで作ったような実態配線図を見かけることがあった。

f:id:VEJ00675:20180107150315p:plain

続きを読む

これまでのパソコン遍歴を書き連ねてみる...

katsumakazuyo.hatenablog.com

↑ の書き込みに感化されて、これまでのパソコン遍歴を記録として残してみる。

続きを読む

Apple よ、ユーザーに選択させればよかったのに...

いろいろなところで報じられているけれど、iPhone のバッテリー劣化にともなって、動作速度を低下させていた問題に、Apple なりの結論を出したみたい。

japanese.engadget.com

Apple としては、

  • 旧機種の稼働速度を意図的に下げていたことについて謝罪
  • 可動速度を下げていたのはいきなり落ちることを防ぐ対策であり、買い替え(アップグレード)を促すためではないと説明
  • iPhone 6 以降を対象に割引価格でのバッテリー交換を提供

という内容でこの問題に決着をつけたいようだ。記事の中では、

加えて、2018年の早い時期の iOS アップデートでは、バッテリーが経年劣化しているか、性能に影響を与えているかをユーザーに表示する改良も追加予定。バッテリーの劣化と制限が原因で遅いのか、そうでないのか把握できるようになります。

と書かれており、iPhone の画面上でバッテリーの状況を確認できるようになるのだと思います。

思うに、はじめからこのような UI にして、速度制限をかけるか否かをユーザーに選択させていればよかったのだ。バッテリーの劣化を検出した時に速度制限をかける設定をデフォルトで ON になっていても構わないが、勝手に速度制限をかけられていた点が問題視されているのだろう。難しいことは勝手にやってくれるのはありがたいけれど、隠してしまわれるのは考え物だ。

とりあえず、1月下旬~12月までは特別価格でバッテリー交換してもらえるようなので、余裕のあるタイミングで愛用している iPhone 6 のバッテリーも交換してもらおうと思います。(^-^;

microSDカードの規格?

普段から iPhone を使っていることもあって、あまり microSD カードを使う機会が少ない。そのため、デジタル一眼レフやビデオカメラ用に大容量の microSD カードを購入してあるものの、購入するときに余裕のある容量のものを購入したこともあって、それぞれの機器用に microSD カードが挿入されているだけで済んでいる。

正月休みが明け、恐らく一月中に Nintendo Switch を購入しなければならない感じなので、いろいろと事前調査をしていますが、これにも microSD カードを挿しておかなければならないようで、どんな容量のものを買えばいいのか調べてました。

いろいろと調べてわかったことは…

  • 任天堂の公式ライセンス商品は、「転送モード:SDR104対応 UHSクラスI スピードクラス10 読込80MB/s 書込15MB/s」という感じ。
  • UHSクラスI の製品でも、最高読み込み速度には差がある。そして、高速なものは高価。
  • 当たり前だけど、本体メモリの方が microSD カードよりも高速。

参考にしたのは、↓ のサイトなど。ちょっと microSD カードについて詳しくなった気分です。

 

Wish で買い物

以前から Facebook のタイムラインに広告として表示されていたので気になっていた Wish なるサイト。広告のバナーには ○○%OFF と表示されているだけで、具体的にいくらなのかは表示されていない...

www.wish.com

何度も表示されるので、気になって調べてみると、怪しいサイトではないみたい。(^-^; 同じように疑念を抱いたものの、注文するとちゃんと商品が届いた、という書き込みをいくつも見つけた。海外からの配送となるので、配達まで 2 ~ 3週間を要してしまうが、それに納得できるだけの価格差であれば満足できるのではないか?、と思います。

実際にいろいろと見て回って、下のような 7点を注文しました。

  1. Wish | 1080P V380 HD Wifi Wireless IP Camera Pan Tilt Surveillance CCTV Cameras Baby Monitor Home Security … 本体価格 1,751円+送料 831円=2,582円
  2. Wish | 360 full body Matte Finish Dual Layer Hard Case for funda iPhone 7 6 6S 5 5S SE 7 Plus with Tempered Glass Screen Protector … 本体価格 311円+送料 216円=527円
  3. Wish | FeelinGirl Multicolor Braided 1M 3FT, 2M 6FT, 3M 10FT USB Data Sync Cable Charger Line for iPhone / iPad / iPod Touch … 本体価格 234円+送料 114円=348円
  4. Wish | Best 4pcs Damaged Screw Extractor Breakage Bolt Extractor Drill Bits Guide Set Broken Easy Out Fastener Kit Use With Any Drill (Size: no box) … 本体価格 117円+送料 156円=273円
  5. MiraScreen G2 Wireless HDMI Dongle TV Stick 2.4G 1080P HD TV Dongle Plug And Play … 本体価格 1,757円+送料 759円=2,516円
  6. Wish | Powerful Green Red Blue Laser Pointer Pen Beam Light 5mW Professional Military High Power Presenter lazer Hot Selling … 本体価格 307円+送料 120円=427円
  7. Wish | Hot Sale 8 X Car Charger Line Clasp Clamp Headphone/USB Cable Car Clip … 本体価格 239円+送料 120円=359円

という感じで、送料込みで 7,032円となるはずのところ、評判を確認するために見て回っていたときに見つけたプロモコードを入力することで、更に 30%OFF となったので結果的には 4,922円となりました。No.1 と No.5 のそれぞれを個別に購入しても、それぐらいの金額になってしまいそうなので、ずいぶんお得な感じです。

 

上記の 30%OFF となったプロモコードは、検索しているといくつかのサイトで紹介されているのを見かけます。パソコン上では利用できないようで、Wish のスマホアプリ上でしか有効にならないようです。 ※パソコン上で利用しようとしても、スマホアプリ上でしか使用できない旨が表示されます。

このようなプロモコードは、↓ のように Wish のスマホアプリをインストールすると、招待コードのように表示されるもののようです。恐らく、一人目の紹介者は 50%OFF、二人目以降は少しずつ割引率が下がるのだと思います。 とりあえず、プロモコード「 kvmhlrr 」を転載しておきますので、興味のある人は使ってみてください。 ※ちなみに、この招待コードのようなプロモコードは誰からの招待であっても、一度しか利用できないようです。例)Aさんからのプロモコードを利用していると、Bさんからのプロモコードは利用できない。

f:id:VEJ00675:20171227205819p:plain

わたし自身、実際に Wish に注文した商品は配達中で納品されていませんが、気付いたことを書き連ねておきます。

  • 雰囲気としては、楽天市場のように小売店が集まっているような感じ。
  • 前項のように、小売店が集まっている感じなので、一緒にカートに入れて購入しても、それぞれに送料が加算されてしまう。
  • 安価なものもあるけれど、モノによっては Amazon で購入した方が安上がりな場合もありそう。
  • 似たタイミングで同じ商品を購入する人がいると、更に割引になる。
  • Wish | 返品条件」で書かれており、PayPal の補償も併用すれば、何かトラブルが発生しても安心できるかもしれない。

といった感じ。年明けに注文したものがちゃんと届いたら、いい商品が見つかれば、また利用するつもりです。