ともかつの日記

仕事や日常で扱った PIC などのマイコンや Raspberry Pi、パソコンについて書き残していきます。

Fusion PCB の「よくある質問」が日本語に対応した

以前に確認した時は、Fusion PCB のページ下部にある「よくある質問」は、英語サイトの当該ページにリンクされているだけだったのだが、現在は英語サイト内に日本語向けのカテゴリが追加され、そのカテゴリにリンクされる形になっている。

現在は、上の 7項目が公開されているようで、英語でしか情報提供されていなかった状況から考えると、かなり前進した感じがします。

Fusion PCB で多角形な基板

いつも Fusion PCB で 100×100mm 以下の小さな基板ばかり製造してもらっているのだけど、今回はいつもより大きく 105×85mm と USD $4.90 では製造できない基板を作ってみた。

100×100mm を超えると、途端に製造コストが上がってしまうけれど、国内メーカーに製造を依頼する場合は、数倍の金額になってしまうので、やはりお得な感じです。

f:id:VEJ00675:20170724102101j:plain

続きを読む

元祖 はんだ付けのチュートリアルビデオ

こちらの記事で紹介されていた動画だが、恐らくは 16mm フィルムを変換したものだろう。クレジットや作品紹介文を見ていても、制作がいつ頃なのかははっきりしない...

makezine.jp

はんだ付けの仕方を紹介している動画には違いないが、大まかなはんだ付けの流れは変わっていないものの、現在のはんだ付けと使う道具が異なることもあって、以下のようにずいぶん違いが見受けられる。

  • 現在のこて先は、あんなに太くないし、銅そのものが露出しているこて先はまず見かけない。
  • 電子回路のはんだ付けに、「棒はんだ」や「ペースト」を使うことがない。ペーストが含まれている(というか内蔵されている)「糸はんだ」を使うのが一般的。

昔話として見る分には面白いんだけど、チュートリアルとしてみるなら、下の動画の方が今風だろうと思います。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

Surface Laptop いいね!

7/20 に発売開始となる Surface Laptop。現在自宅で使っている MacBook Pro ME866J/A を買い替えるなら「これか?」と思う一台。

Surface Laptop を購入する – 自分らしさを表現するノート PC


しかしながら、現状の「8GB RAM+512GB SSD」という構成が Core i5 モデルにはなく、近日発売予定となっている Core i7 の最上位モデルになってしまう。


Surface Laptop に買い替えたら、Windows だけで運用することになるだろうから、256GB SSD でも大丈夫なんだろうけど、ちょっと気がかり...
というよりも、まずは購入資金をどこから捻出するかの方が問題だ。(^-^;

グループウェアのアップデート

職場で稼働している無償で利用できるグループウェアGroupSession」のバージョンアップを行いました。Ver.4.2.4 → Ver.4.7.1 と三年半分のアップデートです。

groupsession.jp

 実はこの作業、昨年 4月に Ver.4.2.4 → Ver.4.5.4 へのバージョンアップを試みたもののうまく動作せず、作業前のバックアップに戻し、時間と労力だけを費やしてしまった過去のリベンジなのです。

続きを読む

クロネコヤマトも大変だ...

昨日、昼頃に決済方法を「代金引換」に指定して、秋月電子通商で仕事で使う電子部品を注文した。配送業者を「クロネコヤマト」に指定し、高岡市の職場に配達するようにしておいたので、今日の午前中には配達されるだろう、と思っていたのだけど、夕方になっても配達されない... (-_-;

f:id:VEJ00675:20170713212933p:plain

続きを読む

Re: Fusion PCB は 100%の品質保証

以下の投稿でネタにした Fusion PCB で発生した製造ミスについて、その後どうなったかを書き連ねておきます。

tomokatsu.hatenablog.com

続きを読む