ともかつの日記

仕事や日常で扱った PIC などのマイコンや Raspberry Pi、パソコンについて書き残していきます。

SDガンダムにLEDを埋め込む

何か面白い電子工作に取り組んでみようと考えて、プラモデルに LED を埋め込んでみることにした。ターゲットとして選んだのは、↓ のプラモデルである。

 昨年 9月からお台場に実物大が登場したものの 2号機である。1号機と同様に、頭部以外にも点灯する機体なので、LED を埋め込んで点灯させても自然な感じ、と考えたからです。 実際、点灯させることは想定していないでしょうが、頭部や胸部などにクリアパーツを使用していて、LED を埋め込むといい感じに点灯してくれるような気がします。

 ひとまず、頭部に LED を埋め込んでみました。↓ が LED を埋め込んだ頭部です。

f:id:VEJ00675:20180220084004j:plain f:id:VEJ00675:20180220084407j:plain

写真左(1枚目)が、頭部を組み上げる前の状態です。頭部用のクリアパーツに付属のシールを貼ってありますが、本来は赤色な目の部分をくり抜いてあります。その奥で点灯するように、3mm径の LED を 2つ埋め込みました。電流を制限するための抵抗は一般的な 1/4W のカーボン抵抗を用い、Φ0.32 のホルマール線で配線しています。

写真右(2枚目)が、組み上げて点灯したところです。


SDガンダムにLEDを埋め込む

とりあえず、通電してみたところ、想定していたように光ってくれたような気がします。前後のパーツやクリアパーツを固定するための穴がいくつもあるために、あごの部分の光具合がいまいちな感じがするものの、割といい感じです。(^-^)v

けれど、残るクリアパーツの「胸部」と「二の腕」については、なかなか LED を埋め込めるようなスペースがありません... 3mm径の LED ではなく、表面実装用のチップ LED やチップ抵抗を使えば埋め込めるかもしれませんが、配線を通す部分もなさそうなので、四肢それぞれ配線が露出してしまいそうな予感。そんな状況は避けたい…

などと考えていたら、頭部を作ったところでめげてしまった。(-_-; どの辺りを落としどころにしようか...