ともかつの日記

仕事や日常で扱った PIC などのマイコンや Raspberry Pi、パソコンについて書き残していきます。

「CASIO WATCH+ Ver.3.0.1」でちょっと改善?

f:id:VEJ00675:20160528184402p:plain

しばらく前の「「CASIO WATCH+ Ver.3.0」は注意? - ともかつの日記」でネタにした 「CASIO WATCH+」ですが、5/23 に新しいバージョン Ver.3.0.1 が公開されました。

 同じタイミングで、「Ver.3.0 にアップデートすると iPhoneSTB-1000 がうまく接続されない!」とサポートに問い合わせていたところ、上記の最新バージョン Ver.3.0.1 にアップデートし、以下のように既存の設定情報を削除してからペアリングし直すとよいと回答を得た。

≪CASIO WATCH+ ペアリングデータ削除≫

  1. 「CASIO WATCH+」を立ち上げます。
  2. 右上のネジのマーク(設定)をタップします。
  3. 登録済みの時計「CASIO STB-1000」をタップします。
  4. 「登録(ペアリング)を削除する」をタップします。
  5. 「アプリケーションのペアリング情報をクリアする」をタップします。
  6. STB-1000」を左にスライドすると「クリア」が表示されるので、そこをタップします。

≪携帯電話のペアリングデータ削除≫

  1. ホーム画面より「設定」をタップします。
  2. Bluetooth」をタップします。
  3. 「CASIO STB-1000」の右横にある「i」をタップします。
  4. 「このデバイスの登録を解除」をタップします。
  5. 「デバイスの登録を解除」をタップします。

≪時計側のデバイス情報削除≫

  1. 時刻モードで左下(B)ボタンを6回押します。
    →セットアップモードに切り替わり、
    STB-1000・・・」と右から左に流れて表示されます。
  2. 6時側(D)ボタンを1回押します。
    →ペアリングした端末の情報が表示されます。
    ※一度も初回ペアリングに成功していない場合は、表示されませんので、【3】の操作は必要ございません。
  3. 右上(A)ボタンを約5秒間押し続けます。
    →ペアリング情報がクリアされると、上部画面に「A-CLEAR」「HOLD」と表示されます。
  4. 左下(B)ボタンを1回押します。
    →時刻モードに戻ります。

これまで案内されていた削除の方法とはちょっと異なる部分もある。この手順で設定情報を削除してから、再ペアリングしてやると、何だかうまく接続されるようになった気がする。これでしばらく様子を見てみよう…

しかし、こんなバージョンアップのたびに不安定になっちゃダメでしょ? (-_-;